プロフィール

舞以

Author:舞以
我が家は花盛り♪

レッツ パーティー

☆と書いておのでぃと呼ぶ

最近の記事+コメント

要チェック

04月26日 声優アワードオフィシャルファンブック(予約予定)
05月13日 薄桜鬼 遊戯録(発送待ち)
05月21日 ヘタリア 3 Axis Powers 特装版 バーズ エクストラ(予約予定)
06月09日 Double-Action Strike form(発送待ち)
06月23日 黒執事 その執事、狂騒~赤いヴァレンタイン~(発送待ち)
06月23日 声マン ドラマCD「方言男子 りとる★じゃぱん」(予約予定)
06月23日 浪川大輔 初ミニアルバム(発送待ち)
06月00日 ドラマCD 「方言恋愛」 第二巻(予約予定)
07月23日 ヘタリア Axis Powers まるかいて感謝祭(予約予定)
08月30日 星座旦那シリーズStarry ☆ Sky~Cancer&Leo~(予約予定)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

アカウント

朋有り遠方より来たる

free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又啃了两本

其实昨天还看了挑剔女人家,今天看了高门。
金玉其外那本是没纸书的回头捧书去看就好。
至此,关于席绢的阅读计划告一段落。

这两本书。。。很难评价。

挑剔女人家席绢自己也说了,原本想写成伏特加结果却是葡萄酒的样子。
可能席绢已经无法驾驭好太过浓烈的东西了吧。我不认为就算她加笔墨在一堆女人吵架上就会使得这本书变成伏特加了。

基本上不过不失。
当然不会讨厌,我喜欢这种春风拂面的男主角。XD

至于高门,除了当现代童话来看以外没有切入角度。而且我可以在女主角身上看到过往太多的影子。

再度自省是不是太苛求了。

当然不难看,绝不难看。
不过昨天看富贵那本的时候还有兴致地对momiji赞一句:蛮好看的。
看这两本也不过就是:目不转睛。罢了。

也许真的是苛求了。最近看小说会注重逻辑性。尤其是和国内的长篇小说相比台湾罗曼史在篇幅上不占优势,所以更需要去思考在短篇幅内萌生的感情的合理性。(莫不是学理者的悲哀?)

因为东西好吃?
因为相处得舒心?

我不想否认这种可能,甚至有着憧憬。
不过憧憬之外难免失望就是了。

被重口味惯坏的人就是这样罢。

说归说,席绢再出70本一样会去看的吧,不管我那时已经多少岁。笑

<< 我不喜欢とおる | ホーム | 看完了富贵饕家 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。