プロフィール

舞以

Author:舞以
我が家は花盛り♪

レッツ パーティー

☆と書いておのでぃと呼ぶ

最近の記事+コメント

要チェック

04月26日 声優アワードオフィシャルファンブック(予約予定)
05月13日 薄桜鬼 遊戯録(発送待ち)
05月21日 ヘタリア 3 Axis Powers 特装版 バーズ エクストラ(予約予定)
06月09日 Double-Action Strike form(発送待ち)
06月23日 黒執事 その執事、狂騒~赤いヴァレンタイン~(発送待ち)
06月23日 声マン ドラマCD「方言男子 りとる★じゃぱん」(予約予定)
06月23日 浪川大輔 初ミニアルバム(発送待ち)
06月00日 ドラマCD 「方言恋愛」 第二巻(予約予定)
07月23日 ヘタリア Axis Powers まるかいて感謝祭(予約予定)
08月30日 星座旦那シリーズStarry ☆ Sky~Cancer&Leo~(予約予定)

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

アカウント

朋有り遠方より来たる

free counters

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看完了就是皇后

怎么说呢,隐有感动?

尤其是最后。
我猜他们转世了,一定是,一定是的。

李荣治那样的我喜欢啊~于晴笔下的人果然搔得我心痒痒的,笑。

突然发现我偏爱于晴的另一个原因是,她极能塑造那种看似弱极其实内心强极的男人,以及我无法形容的女性虽然那种女性席绢笔下一样有,那种男的席绢似乎是很少写的。齐天磊是个例外,所以我喜欢齐天磊。但是奇怪我不喜欢点绛唇里那个男的,叫啥来着?

娟秀。用女字旁的真不好啊><

一句话,男女主角我都喜欢。

最后,于晴甚至没有停笔在从今以后王子与公主幸福快乐地生活在一起这句虚话上。
该来的终究会来,不过她许下了更美好的一个未来也说不定。

近年来席绢笔下的人物愈加现实,于晴笔下的人物愈加梦幻了也说不定。

总之看得还是挺触动的。虽然今天大部分心思在看王国挑战上,一本书看了两天,不像我了。

<< 2010年小野さん庆生活动精简版——私たちの声届けましょう | ホーム | 那么来宣传一下 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。